雑記

宇宙ヤバイって事を共有したい。宇宙に終焉はあるのか!?

宇宙ヤバいってのをみんなで共感したいブログです。

僕は宇宙関係のYouTubeとか結構好きで、夜な夜な見ては宇宙ヤバいなんて思っています。

そんな中で僕が思う宇宙ヤバいってことを記事にしたので同じように宇宙ヤバいって思っている方が共感してくれればうれしいです。 

※筆者はただのサラリーマンであり、この記事はYouTubeやテレビなどの情報を殴り書きしたものです。正しい情報ととらえず、ロマンを感じる記事として読んでください。

太陽系だけでもヤバい

でかくね?

太陽系。

よくさ、太陽と地球の比較!みたいなのあるけど

地球をビー玉サイズとすると太陽が半径1mくらいになる!

とか聞くし、木星、土星に関してもヤバいくらい大きい

特に木星は太陽のなりそこない

って言われているくらいでかい。

まぁ、木星のおかげで大きな隕石が地球に来ないって説もあるみたいだけど

とにかくでかい。

 

あとは海王星だったか忘れたけど

太陽系のどこかの星には

星全体がダイヤモンドの星があるって

これはやばいね。

ちょっと塊持って帰ったら

もう億万長者ですわ

たまらんね。

でも人間がほかの星に行けたのは

月だけ

(アポロあんまり信じてないけど)

火星とかはロボットが行ってるけど

すぐお隣さんの月にしか行ったことがない。

なのでそれくらいやばい距離なんだ。

 

ちなみに

太陽と地球の距離を光が移動すると

8分!

あの早い光でも8分!

とおいぜ。 

それなのにさらに天の川銀河もヤバい

端から端までの距離はなんと10万光年!

わかる?もうね。単位がキロではないのよ。

1光年が光の速度で1年間移動した距離だ。

それをキロに直すと、9.461e+12キロメートル

これをさらに10万倍したのが天の川銀河の距離だ!

 

。。。

。。。

。。。

 

より訳が分からないね。。。

また恒星の数は2000億~4000億!

さらに恒星の周りをまわる惑星はその何倍にもなる

もっと言うと地球と月の関係にあたる衛星もたくさんある。

ゆえに銀河の中にわけのわからないくらい大量の星がある。

もうこれはやばい事。

そんな銀河系が無数にある

そんなヤバい銀河系が無数にある。

よく考えてみ?

さっき天の川銀河だけでも星の数がやばいって言ったのに

その銀河が宇宙には無数にあるってこと

もうね、そんなの無理じゃん。

勝てないじゃん。。。。

(もうマジ無理。寝よ)

 

どんどん倍々ゲームで星の数が増えて行ってしまうね。

そしてさらにそのどれにも中心に巨大なブラックホールがあって

銀河系の中心部には訳の分からない重力が発生している。

ここでブラックホールって言葉が出てきたのでブラックホールって何なんだ!?

ってのを次にお話しするよ。

ブラックホールとかなに?

簡単に言うとムっちゃ重い塊

どれくらい重いかというと、

角砂糖一個分の大きさで、10億トン

いやいや、ちょっと待って

10億トン?

書いてて間違えてないかって思うレベル。

10億トンって今度はデカすぎてよくわからない。

もう少しかみ砕くと。。。

日本人の成人の平均体重が大体60キロなので

10億トン=10兆キロ

なので10兆キロを60キロで割ればいい

(桁が無茶苦茶)

1000000000000/60

=167億

つまり、角砂糖1個分に167億人分の重さがあるわけだ!

なんと今の地球の総人口の2倍以上。。。

これはやばい。

そんなヤバい重さの物体が地球より大きいサイズで存在しているなんて。

宇宙ヤバい。

 

しかもだよ

誰がそんな中二心をくすぐる名前にしたんだよ。

ブラックホールだなんて

かっこよすぎだろ!

そんなの好きになっちゃうじゃん!

宇宙の果てはどうなってるんだろうか

これを考え出すと本当に訳が分からなくなる。

必ずどんなものにも終点がある気がして、でもその終点から先は何があるのか?何も無い空間が広がっている?

イヤイヤ。でも宇宙空間っていうものは存在していてその空間に終わりがあるはずだけど、、、

例えば、僕らよりも上位の世界で宇宙を作った神様がいたとして

その神様の世界はどうなってるの?

その神様の世界にも同じように宇宙があったとしたらその宇宙の果ては?

なんてね。

あとは第2宇宙、第3宇宙があるのでは?

みたいなことも言われているけれど

第2宇宙と、第3宇宙の境界は?

とか、とか。

また、ある説では膨張する宇宙だなんて言われています。

常に光の速さで宇宙が膨張している。

そのせいで人間から見るとどこまで行っても無限に宇宙が広がっていると感じられるのだそうです。

でも光の速さを超えて膨張する宇宙の先に行くことができたら?

何があるんでしょうね。

っていうか膨張するのを肯定したとして

膨張する前の空間には何があった???

え?なんか、シレッと膨張してるけど

それでいいんでしたっけ? 

  

 

また、膨張するということはどんどんと冷却されているという事。

それについては次の見出しで。

最終的に宇宙には何もなくなる

宇宙の終焉みたいな感じでWikiにかいてあった。

膨張しているということは

冷却されるという事

コンプレッサーとかで一度圧縮した空気を

一気に押し出すと冷たい空気になってたりするよね

それと同じように宇宙も膨張すると

どんどん冷却されて行っているとの説もある

実際、太陽だって核融合をずっと繰り替えていていて

でもその核融合も終着点として鉄ができ始めると

終わりを迎える。

そして数10億年後には

中性子星だったかなんか別の星になる

そうこうしてどんどんと星が寿命を迎えて行って

宇宙が膨張していくと星と星の距離も遠くなり

それぞれがどんどん冷えて行ってしまうという。

ちなみに宇宙全体のエネルギーが消費されて

全くの真っ暗な状態なってしまうまで

まぁどれくらいの時間がかかるかというと

銀河系の中心にいるレベルのブラックホールが蒸発するまでの時間は

100000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000年くらい?

10の100乗年だなんて言われている。

もうね。桁がやばいんですよ。

そんでね。

ある瞬間から膨張する宇宙が

収縮に転じるんだって。

えっ?て思うかもだけど

そうすると

今度は冷え切った宇宙がある点に集まりだして

んでやばいレベルの質量が一か所に集まって

ビッグバンがはっせい!?

みたいな感じなのかな?

うむ。

訳が分からない。

 

 

やっぱり一番最初のビッグバンがなぜ起こったかわからない。

ここで一つ疑問が。。

まぁ、宇宙が冷却されて

非常に長い時間をかけて一か所に集まってビッグバン!

ってのはまぁロマンあっていいな

なんて思うけど、

 

その最初!

 

本当に最初!

 

最初のビッグバンって

なぜ起こった?

 

そこが知りたいのよ!

 

宇宙がループしてるのはいいとして

(よくないけど)

最初はなぜビッグバンが発生したのか!

ココが知りたい。

やっぱ神様の気まぐれ?

それとも

ただのアミノ酸から生物ができたように

本当に無の空間に

何かの火花みたいなのが発生して

それがビッグバンとなった?

 

  

考え出すと本当に夜も8時間しか眠れない。

まとめ

今回は宇宙のロマンについてまとめた。

太陽系だけでもデカい。やばい。

それなのに天の川銀河の端から端まで10万光年!やばい!

さらに、そんな銀河が無数にある。やばい。

銀河の中心には超巨大ブラックホールがある。やばい。

いつか宇宙は冷却される。そうか。

宇宙が収縮してビッグバン?やばい。

最初のビッグバンのきっかけは?わからん

こんな感じでしょうか。

もう、書いていてやばい!が止まらなかった。

皆さんも、宇宙ヤバいってことがあったら

Twitterで共有しましょう!

 

 

Twitterやってます。(@nantoka766
ぜひ遊びに来てください!
日常の適当なことをつぶやいてます。

 

 

ブログ村登録してます。
クリックorタップいただけると喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
なんとか
旅行とサッカーが好きです。1歳の息子のパパです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA