旅行

愛知(名古屋駅)から長崎(駅)へ行く方法3選

この記事では僕が愛知から長崎へ行く時に考えた公共交通機関の使い方を紹介します。またそれぞれのメリットデメリット、費用についても紹介していきます。

出発は名古屋駅で長崎駅を目指します!

1.セントレアから飛行機で長崎空港へ。その後リムジンバスで長崎駅へ。

ルートはこんな感じ

車でセントレアへ

飛行機で長崎空港へ

リムジンバスで長崎駅

メリット

  • 乗車時間が一番短い
  • 一番安い
  • ・景色がいい
  • ・乗り換えが1度だけ
  • ・リムジンバスでWi-Fiが使える

デメリット

  • ・飛行機予約を早めにする必要がある
  • ・セントレア駐車料金がかかる
  • ・飛行機のため悪天候で飛ばない可能性あり
  • ・飛行機の搭乗手続きなどで早めに行く必要がある。
  • ・飛行機の便が早朝か夜の2便しかない
  • ・飛行機は機内モード

メリットデメリットはこんな感じ。

旅行期間が長くなると駐車料金が多くなるので他の行き方よりも値段が高くなるかも。電車の場合だと駐車代気にしなくていいですが、電車で早朝の便だと搭乗手続き時間に間に合わないかもです。

後は帰ってくる便も朝か、夜遅くしかないので電車の時間を考える必要があります。

ネックは飛行機の便の時間ですね。10時とかの便があればかなりいいんですけど。7:30発とか、18:00発とかちょっとした嫌がらせにしか思えない時間に便があります。

■飛行機の便検索
セントレアサイトの便検索はこちら

■交通費合計料金(往復)
37000円

交通費内訳です(2泊3日想定)

  • 飛行機:30000
  • リムジンバス:2000
  • セントレア駐車場:5000

■乗車時間
2時間50分程度
(飛行機と、リムジンバスに乗っている合計時間のみです。搭乗手続き時間などは含まず。)

■リムジンバス

リムジンバスは結構本数が多いのであまり心配はないかと。

一応、リムジンバスの時刻表のリンク貼っておきます

長崎空港からだったら8:50が始発ですね。あとは最終の21:45までで早ければ10分おき。長くても1時間おきに出てます。

上にも書きましたがバス内は無料Wi-Fiが使えます。座席にシールが貼ってあるのでパスワード入力すれば使えました。

2.セントレアから福岡空港へ。福岡空港から電車、新幹線を使い長崎駅へ!

ルートはこんな感じ

車でセントレアへ

飛行機で福岡空港へ

在来線で博多駅へ

博多駅から新幹線で武豊温泉駅へ

武豊温泉駅から長崎駅へ

メリット

  • 出発時間の選択肢が多い

デメリット

  • 乗り換えが多い
  • ・早めのチケット取得が必要
  • ・駐車場関連
  • ・飛行機は機内モード

この行き方は1のデメリットをなんとかしてくれる行き方です。

福岡空港へは1時間に1本程度の便がありますので行きたい時間を選ぶことができます。

ただし福岡空港から在来線で博多駅、新幹線で武雄温泉、武雄温泉から長崎駅へと、乗り換えが3回あります。

大きな荷物を持っての移動の場合、乗り換えが少ない方が楽かと思いますが、出発時間のフレキブルさがいいところです。もうメリットはそこしかないと思います。早起きしなくていいし時間も選べられるところ。そこがこのルートのメリットです!

■飛行機の便検索
セントレアサイトの便検索はこちら

■交通費合計料金(往復)
24980(ジェットスターで最安の場合)
飛行機:11960
新幹線:13020

■乗車時間
3時間30分程度

■なぜ武豊温泉で一度乗り換えが必要なのか?

実は佐賀県が反対しているようです。(長崎に行ったときにタクシー運転手の方から聞きました。)しかしながらもう少ししたら直通で博多から長崎駅に行けるようになるとのことです。(22/11/29現在は開通していません。)

(これは完全に僕の所感なんですが、佐賀で乗り換えしなかったらみんなスルーしちゃうから探しが反対してるんだろうなー。って思ってます。)

3.新幹線で名古屋駅から博多駅へ。その後乗り換えて博多から武雄温泉へ。また乗り換えて長崎駅へ!

最後は全部地に足を付けたパターンで。

メリット

  • ・時間に縛られにくい
  • ・セントレアまで行かなくていい。
  • ・車内販売で食事できる

デメリット

  • ・新幹線代が高い
  • 乗車時間が長い
  • ・博多駅からの乗り換えは2と一緒で2回

最後の行き方は全部新幹線で行きます。乗り換えはありますが搭乗手続きなどなく、本数も多いので時間に制限が一番ないです

しかしながら乗車時間が長いことと料金が少し他よりも高くなること。自由席の場合は繁忙期に立つことも考えること。などがあります。

自由席で立ち乗りの場合は大阪で結構降りる人がいるので名古屋〜大阪までの約40分間を辛抱すればそれ以降は座れると思います。

あと、嬉しいのは車内販売ですね。お酒、弁当ありますので食事しながら移動ができます。飛行機を使うと飲み物サービスありますが座席の窮屈さから食事には向いてないですし時間も限られますからね。

飛行機よりも広々スペースの新幹線はのんびり移動したい人にはいいと思います。

■新幹線の時刻表

https://railway.jr-central.co.jp/station-guide/shinkansen/nagoya/jikoku.html

■交通費合計料金(往復)
47820円

■乗車時間

5時間17分

まとめ

今回は愛知から長崎駅への移動手段をまとめました。

■飛行機で長崎空港まで行く場合

乗り換え少ないが、時間に縛られる

■飛行機で福岡空港へ行き新幹線で行く場合

時間の融通は聞きやすいが乗り換えが多くなる。また飛行機の手続のめんどさがある。

■新幹線で行く場合

時間と料金がかかるがゆったり景色と車内販売を楽しめる。

こんな感じでしょうか。皆さんのプランにあった移動を考えてみてください。

別記事では長崎駅から新幹線を使って長崎空港を目指すには?!

って記事を作成中です!大村の町をバスで行くのか?タクシーで行ってしまうのか?などを書こうと思ってます。

以上。

ABOUT ME
なんとか
旅行とサッカーが好きです。1歳の息子のパパです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA