旅行

【奥三河】くらがり渓谷でマス釣り。手ぶらで行けるから初心者でも安心です。【涼しいので夏におすすめ!】

こんにちは

今回は奥三河にあるくらがり渓谷についてです。

くらがり渓谷ではバーベキューやマス掴み、マス釣り、キャンプなどでき

夏の避暑地として有名です。

また子供の夏休みの思い出としてもいいですよ。

川の水はきれいで冷たく暑い夏の日に行くのがおすすめです。

今回はその中でマス釣りについて

私が体験してきましたので記事にしました。

この記事を参考にみなさんもくらがり渓谷のマス釣りにチャレンジしてみたください。

くらがり渓谷のマス釣り概要

公式サイトはこちら

地図はこちら

くらがり渓谷のマス釣りは決められた区画にマスを放流してもらい、その区画の中で行います。

釣り竿、エサ、マス1kgセットで3000円です。

マスの追加放流は2000円でできます。

予約は受け付けていないので当日、くらがり山荘にて受付となります。

営業時間は9:00~16:30です。

また駐車場も無料で300台あります。

 

どちらかと言うとマス掴みの方が子供には人気です。

水の中をバシャバシャ走り回ってマスをつかむので

釣りをしている隣の区画でとても楽しそうでした。

ですが、今回はマス釣りについて紹介です!

マス釣り実践状況

くらがり渓谷についたらバーベキュー場を横目に奥へと進んでいきましょう

くらがり渓谷をくらがり山荘に向かって歩く

くらがり山荘についたら受付を済ませて

バケツに入ったマスを放流してもらいます。

1キロで大体5匹くらいです。

一人1キロは買ってもいいと思います。

たくさんの人と行くと一瞬でなくなります。

エサはマス釣りセットのイクラを使います。

普通によく連れました。

マスがいるところにエサを落とせばすぐに釣れます。

釣りをしているときはこんな感じです。

くらがり渓谷で実際にマス釣りをしているところ
マス釣りをしているところ

僕は運転手だったのでノンアルコールで

くらがり山荘で販売していたノンアルコールビール

川の水もきれいで、

日陰も多かったので夏でも涼しかったです。

マス釣り。おすすめですよ。

釣ったマスは自分でさばいて塩焼き

釣ったマスはそのまま食べられます。

うろこ取りと包丁を貸してもらえるので

自分たちでマスをさばきました。

3枚にはおろさずに、

うろこを取って

はらわたとエラを取って、

血合いを洗って

串にさして

ってだけです。

後はくらがり渓谷のスタッフさんが焼き加減を見ながら

炭火で焼いてくれました。

釣ったマスを炭火で塩焼き
釣った魚を炭火で塩焼き

当然、釣りたて、焼きたてのマスですから

うまい!!!

自分で釣ったってのもいい思い出になりますね。

運転手じゃなかったらビール2本くらい行けちゃいそうでした。

まとめ

今回はくらがり渓谷のマス釣りについて取り上げました。

夏の避暑地としておすすめですし、

子供の夏休みの思い出作りにも最適かと思います。

ぜひ、夏はマス釣りに挑戦してみてください。

エサも竿もさばくのも全部手ぶらで行けますよ!

以上。

 

 

Twitterやってます。(@nantoka766
ぜひ遊びに来てください!
日常の適当なことをつぶやいてます。

 

 

ブログ村登録してます。
クリックorタップいただけると喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
ABOUT ME
なんとか
旅行とサッカーが好きです。1歳の息子のパパです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA