雑記

子は親の醜さを厭わない。親は子から無償の愛を受け取っている。

ぐさぁーーーッと突き刺さった言葉でした。

息子が2歳になりました。なんとかです。

 

 

どんなにパパがだらだらしていても、

どんなにパパが屁こいても

どんなにパパがニンニク臭くても

我が息子はパパの所へ飛び込んできてくれる。

 

 

親から無償の愛を子供へ

 

なんて言いますけども

 

 

大人はどっかで義務だとか、責任を感じながら子育てしてる。

もちろん成長見守るのはすごく楽しいし、かわいい。

少しずつできることができることが増えてきて、この子のために仕事も頑張ろう!

って思えるけど、

 

 

でも、そういう感情になれるのってきっと、

 

 

 

子から想像できないくらい大きな 

 

愛を

 

 

もらっているからなんだぁ~

 

と思ったので記事を書いてみました。

 

 

 

よくよく考えると、

 

夕方の仕事終わりの汚いおっさんに

だっこ!

って感情にならないよね。

 

「僕の愛を受けっとって!」

 

って全身で言われているようで

とてもうれしいのです。

 

 

まぁ、汚いとか臭い、めんどくさいの概念がまだまだ無いからってのもあるかもだけどwww

 

 

子育て大変だけど子供はどんどんかわいくなっていきます。

いろいろ困るところありますけど、

なんとか子育てできてますw

 

毎日、我が家の怪獣が成長していくのでパパも成長せねば! 

 

という感じのポエムチックな記事ですけんども。

 

要は息子がかわいいって話です。

 

ABOUT ME
なんとか
旅行とサッカーが好きです。1歳の息子のパパです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA